本や漫画の帯の保存方法とは?

よく新刊などを購入すると一緒に付いてくる本の“帯”はどうしていますか?

 

本を購入するとすぐに取って捨ててしまう方もいれば、コレクションとして大切に保管している方もいるかと思います。

 

ここではそんな本の帯の保温方法について紹介します。

 

本の帯の魅力って?

本の帯は購入した本の魅力や情報を伝えたり、本屋でお客さんに購入意欲を高めるために重要な宣伝として活用されています。
中でも【初版本】【絶版本】などはコレクターの間ではプレミアがつくほどの帯もあります。

 

身近にも集めているわけではないけど、ついつい捨てられなくて取っておこうとする方が多い本の帯はどのように保管していますか?

 

買った時のままで保管する人もいますが読むときに「ズレる」「破れる」など事態になりやすいです

 

そこで帯を少しでも長く綺麗に保存したい方のために以下の方法を試してみましょう!

本の帯の保存方法

カバーの内側につけておく

本や漫画の帯の保存方法とは?
カバーの内側につけておくことでどの本にどの帯が保存してあるのかが一目で分かりますし、破れやズレなどの問題も解決してくれます。

 

身近に保管する場所やケースがなければ一番お手頃な方法だと思います。
ただし本来帯はカバーの上に付けられているものなのでサイズに余裕が出来て「本⇒帯⇒カバー」の順番に付けると帯が波打つ可能性があります。

 

この場合は帯の折り目を折り直して本を保管すると良いでしょう。

 

ブックカバーをかけておく

本や漫画の帯の保存方法とは?
カバーの上にブックカバーを付けるだけの方法です。
最近の本屋さんでは本を購入するとブックカバーが付いてきます。
帯を守るだけではなく自宅で保管する際にも日焼けなどを防いでくれます。

 

しかし、ブックカバーを付けたままで本を保管しておくとブックカバーで表紙が見えないので、どの本にどの帯が保管しているのかが分からなくなるというデメリットがあります。

 

もし、ブックカバーが必要な方は100円ショップなどで取り扱っているお店が増えています。
どの100円ショップに売られているのかは不明ですが本屋で無料で貰えるブックカバーよりも紫外線防止の透明のブックカバーも置いています。

 

本に挟む

本や漫画の帯の保存方法とは?

 

帯を一度本から外して本の中に帯を保存する方法です。
この方法が一番実践している方が多い保存方法になります。

 

これならどの本にどの帯が保存してあるのか分からなくなる心配がなくなります。

 

ただ本に巻き付けておくと折れ目が付いてしまうので完璧な状態で保存したいと思う方にはオススメは出来ません。
また挟み方によっては落とす可能性があるので注意しましょう。

 

クリアファイルに保管する

本や漫画の帯の保存方法とは?
また本とは別に帯を保管する方に置く使われているのがファイルに保管する方法です。

 

ファイルも同じく100円ショップで購入できるのでお手軽ですし、本とは別に保管できるのでダメージの恐れもありません。
しかし帯に写真や画像、コミックなどの帯などはどの本なのか分かりますが名前も知らない筆者の名前しか載っていない本だと、どの本の帯か忘れてしまうこともあるので注意しましょう。

 

ケースに入れておく

本や漫画の帯の保存方法とは?
コチラはファイルよりもケースの方が量的にはたくさんあるので便利です。

 

ケースも同じく100円ショップなどで購入できます。
ただ、デメリットを上げるとファイルと同じくどの本の帯なのかが分からなくなるという点です。

 

まとめ

帯へのダメージを最小限に抑えたいのであれば本とは別に保管しておいた方が帯へのダメージを防ぐことが出来ます。
また、暗い所で保管すると日焼けの心配もなくキレイに保管することが出来ます。

 

しかし長年帯を触っていないと帯も本と同じく本の虫が付く場合があるので保管する際にも細心の注意が必要になります。

 

いくつか帯の保存方法を書いてみましたが、どの方法もメリットがあればデメリットもあります。

 

どの方法も手軽に試せるので自分に合った帯の保存方法を見つけてみましょう!